ー配偶者ビザー

・夫婦での同居期間が短くても、配偶者ビザの更新申請は許可されるのか。
・配偶者ビザを申請したいが、昔オーバーステイの経歴があっても許可させるのか。
・結婚相手を短期滞在ビザで日本に呼び、その間に「日本人の配偶者等」の認定申請はできるのか。
・自分で行った配偶者ビザ申請が不許可になったが、再申請で配偶者ビザを取得できるのか。


■配偶者ビザ申請を行って、入国管理局から「追加資料提出通知書」が届いた方

追加資料の通知書が届いても不許可なったわけではありません。

通知書が届いた日から1~2週間以内に提出しないといけないことが多いので、できる限り早い対応が必要となります。

■配偶者ビザ申請を行って、不許可になった方・再申請を行いたい方  
不許可通知が届いても、ビザ取得を諦める必要はありません。
不許可となった理由を確認し改善した後、再申請すれば許可になる可能性はあります。

日本で日本人・永住者と結婚し、配偶者ビザへ変更する場合

お問い合わせ

 配偶者ビザ申請に関する相談は何度でも無料です。

 ご予約頂ければ時間外・土日の相談も可能です。
まずはご連絡ください。

 

ご相談・申し込み

 現在の状況を確認し、申請の方針をご説明いたします。
見積り金額やサービス内容にご納得して頂いた後、ご依頼していただきます。

書類作成

 配偶者ビザ申請の必要書類は当社で収集・作成いたします。

 

※証明書等の取得費用はご申込者負担となります 。

入国管理局に申請

お客様に代わって配偶者ビザ代行申請を行いますので、お客様は入国管理局へ出向くことなく申請ができます。

 

許可通知

審査で問題が無ければ、新しい在留カードの発行手続きのための通知が、 入国管理局から当社へ届きます。

不許可になった場合も、ご依頼者の要望に応じて、再申請を行います。

新しい在留カードの発行手続き

 新しい在留カードの発行手続きに必要なものを、ご依頼者に説明いたします。
(パスポート、在留カード、入国管理局に支払う手数料など)
書類が揃い次第、ご依頼者に代わって、入国管理局にて新しい在留カードの発行手続きを行います。
書類の受け渡しは郵送等でのやり取りが可能です。
報酬の精算後、パスポート・在留カードをご依頼者にお返しいたします。

配偶者を外国から日本に呼び寄せる場合

お問い合わせ

 配偶者ビザ申請に関する相談は何度でも無料です。

 ご予約頂ければ時間外・土日の相談も可能です。
まずはご連絡ください。

 

ご相談・申し込み

 現在の状況を確認し、申請の方針をご説明いたします。
見積り金額やサービス内容にご納得して頂いた後、ご依頼していただきます。

書類作成

 配偶者ビザ申請の必要書類は当社で収集・作成いたします。

 

※証明書等の取得費用はご申込者負担となります 。

入国管理局に申請

お客様に代わって配偶者ビザ代行申請を行いますので、お客様は入国管理局へ出向くことなく申請ができます。

 

認定証明書受け取り

審査の結果、問題が無ければ、
ビザ取得に必要な「在留資格認定証明書」が当社へ届きます。
報酬の精算後、この証明書をご依頼者にお渡しいたします。
また、万一不許可になった場合も、ご依頼者の要望に応じて、
再申請を行います。

本国送付とビザ申請

 ご依頼者が認定証明書を本国へ送り、現地の日本領事館で配偶者のビザ申請をします。

そしてビザを受け取れば、日本入国となります。

認定証明書の有効期限は、発行日から3ヶ月間なのでご注意ください。

配偶者ビザ Q & A

 

 配偶者ビザを持っている場合、どのくらい働ける?

  配偶者ビザを持つ方は、就労時間・職種の制限はありません。
  これに対して、家族滞在ビザを持つ方が日本で仕事をするには、資格外活動許可をとらなければなりません。
  この資格外活動許可では、週28時間の勤務が認められ、中には禁止されている職種もあります。

 

 配偶者ビザの更新で注意することは?

  更新審査では、生活の実態を調べられる場合があります。
  
この実態調査をクリアするためには、基本的に夫婦が同居していることが必要です。
  更新申請は在留期限の3ヶ月前から可能なので、早めに更新申請をしましょう。