代表者紹介

松尾和博行政書士事務所

福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目10-12ハイラーク博多駅前316

 TEL:092-292-9255

FAX:092-292-9257

メールアドレス

matuogyousei1000@gmail.com

 

交通事故の被害に遭ったら

後遺障害認定手続き専門ページ

↓↓

http://www.kouisyou.com/

 

運送業許可の関するページはこちら

↓↓

http://ippankamotsu-kyoka.com/

 

代表者経歴

経歴
筑陽学園高校卒業
高校では、サッカー部に所属 一応大学受験するも不合格。

あっさり諦める。

その後、九州デザイナ―学院専門学校に
グラフックデザインを学びたいと思い入学。
学校はそれなりに充実して
そして就職活動の時期が来ました。
そして、
私は愕然とすることになります。



30社面接受けて全て不合格
 
 
私は、就職をあきらめて、とりあえずアルバイトをすることに
しました。

それから、フリーターのような生活が2~3年続きました。
しかし、このままではいけないと思い、
正社員で働けるように就職活動を再開しました。


それからもまた、10社ほど受けましたが全て不合格。
で、最後に受けたのが広告代理店でした。


そして、初めて合格しました。
その時の気持ちはいまだに覚えていますが。
 
 
 
飛び上がるような気持ちでした。
 やっと正社員として働ける
これで社会人としての経験がつめると。

 
 

ただ ただ 嬉しかったのです。

こんな私でも、採用してくれる会社があるんだ。
やっぱりあきらめず探していてよかった。

そしてもの凄くやる気に満ち溢れていました。


そのような経緯で
広告代理店に勤務。その後行政書士になる。私が行政書士になった理由をお話ししますと、
22歳頃に広告代理店に就職しました。

その会社は長時間労働、低賃金でした。

毎朝、7時半に家を出て帰ってくるには11時頃でした。
 
 
ただの、奴隷でした。
 
 
もうただ飯食って風呂に入って寝るだけでした。
でも仕事は楽しくて充実していました。

今は勉強中だと頑張って仕事を覚えることに専念しました。
でも来る日も来る日、残業、残業で給料は手取り15万くらいでした。
営業で携帯使っていました。月3万円くらい請求がきましたが自腹でした。
1年半ほど勤め、さすがに嫌になり退職を決意。

退職するときに、私は愕然としました。
会社の不良債権を私の給料から天引き。
その不良債権も私が会社に入社したときからの焦げ付き案件などでした。
 
 
最後の私の給料3万400円。
携帯代が3万円請求きてほぼ0円
 
ただ、ただ、失望しました。

 
 
奴隷は、最後まで・・・奴隷でした。
 
 
 
会社の上司に相談しました。
「こんなのおかしい。労働監督署に相談に行きます」と
上司は「労働監督署にはいかないでくれ。

みんなまだ、働いているし会社がめちゃくちゃになるから」
お世話になった上司や同僚はまだ働いているし、
皆を巻き込むわけにも行かない。

ですから、私も、もうどうでも良くなって泣き寝入りしました。

ただ、会社に失望し、やっと就職できた会社がこんな会社かと。
一時期私は、次の会社を探す気は無くなっていました。
6ヶ月ほどしてまた就職活動は再開しました。
何社か面接を受けましたが不合格。

やはり自分は、なにかキャリアを身につけなければ
就職活動しても結果は同じだと思い。
資格の本を読み様々な資格があることを知りました。

会社にもひどい目に遭ったことから法律を学ぼうと思い。
法律系資格の登竜門でもある行政書士にチャレンジすることにしました。
しかし私は、高校受験も失敗、高校の部活でもレギュラーになれずじまい。
大学受験も途中で諦めました。何か目標を掲げてそれを達成する。

このような経験が今まで一度もありませんでした。


ですので、ある決意をしました。私は、必ずこの行政書士試験を合格する。

この試験を突破できなければ何をやってもうまくいかないだろう。
絶対この山は登ってみせると。でも正直、自信はありませんでした。

昼間は8時間仕事しながら、夜に図書館に行き少しずつ勉強しました。

1年で合格を目指しましたが案の定、1回目は不合格。

でも来年は大丈夫だろうと思い。
そんなに不安はありませんでした。

しかし、2年目も不合格。そして3年目ですが、
なんと過去2回の試験と大して点数は変わらずの不合格。
 
 
 
いつもダメ、今回は、頑張ったけど・・・

結局はダメ。ダメなやつでした・・・

 
 

我ながら、ダメな奴だと思いました。今までの人生と同じ。
いつもダメ。いつも中途半端。

しかし、この試験だけは絶対合格するまで諦めない。
この程度の山なら自分なら必ず登れると。最後は必死でした。

昼間仕事をして、夜一人で、勉強していました。

周りのみんなは飲み会に行ったり、
彼女とデートしたりして楽しんでいました。
正直私も、彼女が欲しかったです。飲み会に行って
 
 
「どんちゃん」騒ぎしたりしたかった・・・
 私も皆のように彼女とデートしたかった・・

 

でも、私は自分の課したこの目標を達成しなければ何も変わらないだろうと
いうことを知っていました。
他のどんなことよりも目標達成が自分には大事だと心の底から思っていたのです。

最後の方は朝9時から夜9時まで一人ひっそりと図書館で勉強していました。
とても寂しかったです。頭の悪い私はただひたすら勉強していました。

そして・・・・

・・・・

・・・・



結果なんとか4回目で合格。
 
 
  昼間は仕事、夜は図書館の生活を3年以上続けました。
 
 初めての成功体験・・何かが変わった気がした。これか・・・
 この気持ちなのか・・・
 
涙があふれ出ました。

 
 
泥臭く、粘り勝ちでした。恥ずかしい話、自分らしいなと思いました。
合格して思いました。
目標達成がどれほど重要なのか気付きました。

それはなにかといいますと。
まず自分に自信がつきました。

セルフイメージが変わりました。
次の目標も必ず達成する、
できる、こう考えることができました。

そして平成22年4月の行政書士登録しました。
 
 
私は、人様のお役に立ちたい
お力になりたい、困っている人を助けたい

 
 
自分のように法律を知らないことによりひどい目に遭う。
このような人を減らしたい、応援したい。そういう思いで行政書士になりました。

そして、平成23年に私の親友が交通事故に遭いました。
行政書士は交通事故の業務もできることは知っていましたが交通事故の知識はありませんでした。
それでも親友から、「困っているから。どうにかお願いだと」依頼をされ。

大急ぎで交通事故に関する知識を集め、先輩に訊いたりして業務をなんとかこなしま した。
親友はとても喜ぶ結果となり「ありがとう、ありがとう」と 何度も言ってくれました。
交通事故は専門家が関与することによってかなり大きな違いが出ることを知りました。
 

被害者の方には大きなメリットがある。
 そのことを強く感じました。そのようなことから「交通事故の被害者に少しでも力なろう」と交通事故専門になることを決意しました。

このような経歴の私ですが、 被害者に対する気持ちは誰にも負けません。
全力で対応させて頂きます。どうぞよろしくお願い致します。

H23年4月行政書士登録
H24年現在 筑紫野市にて松尾和博行政書士事務所開業中。
知り合いに一人は、欲しい法律専門家。そのような存在になれればと思います。

ご相談はお気軽にどうぞ。

「取り扱い業務」

交通事故の被害者になったらすぐにご相談を。
「知らないと損することって世の中には
多数存在することはご存知でしょうか」

交通事故はその中のひとつです。
あなたの受けた損害きちんと請求できていますか?
知らないと損しているかもしれませんよ。

会社関係ならこちら
会社設立。
会社とお金。お金それは、身体で言えば血液のようなもの。

融資申請に必要な事業計画書作成致します。
営業する上で必要な許可取得を代行します。
『例」古物商許可、建設業許可、など

皆様との繋がりお待ちしております