許可取得のメリットとは

許可取得のメリットとは

建設業許可を取得すると、より大きな工事が施工できるようになる、企業体質は改善される。

 

第1のメリットは、500万円以上の工事(建築一式工事については、木造住宅以外では1,500万円以上、

木造住宅では、延べ面積が150㎡以上の工事)を請負施工できることです。これにより金銭的な制限は

これにより、金額的な制限は取り払われるので、より自由な営業活動が可能になります。

(ただし、「特定建設許可」「一般建設業許可」による制限はあります。)

第2のメリットとして、対外的な信用度の向上があげられます。「経営業務の管理責任者」「専任技術者」「財産的基礎」

などの要件を満たし、一定基準をクリアすることによって企業体質が改善されるとともに、官公庁、民間の発注者からの信用度

もますこと、なります。さらに、銀行や、官公庁、民間の発注者からの信用度もますことになります。さらに、銀行や保証協会などについても同様で、公的融資による資金調達が容易になります。

 

許可申請時の提出書類のうち、許可申請書と添付書類は、許可後、広く一般に閲覧されます。

したがって、提出した工事経歴書、登記事項証明書、財務諸表および役員の略歴書など公開されることによって

会社の内容がある程度、公になります。官公庁、民間の発注者が工事を発注する際、その建設業者の規模、経営内容、実績などを

閲覧することにより、発注者の事前調査を容易にするためです。この結果、優良な建設業者は受注活動が有利なります。

これが、第3のメリットといえます。

 

また、国土交通省が元請業者に対して公共工事では請負業者、孫請業者まで許可業者を使用するよう指導していることもあって

、元請業者では新規の下請業者、孫請け業者に対しては、まず許可を取得してりうかどうかを確認することが多いようです。