建設業許可取得のメリット

 

・取引先からの信用アップ    ・500万以上の業務を受注可能・売上げアップ

 

・銀行からの信用アップで融資可能・業務の幅も広がり経営も安定

 

一般に方がすると建設業の許可申請は煩雑・困難極まりない

建設業の許可申請は、他の許可申請とくらべても、行政庁の審査は厳しく、さらに、添付書類の数も多いです。建設業の日常業務をしながら、許可申請に必要な書類の収集や添付書類などもしていると本当に時間もかかります。そして、わからないことや、書類の不備で何度も行政庁に足を運ぶことも多いです。ご自身ですれば、申請の手数料90000円(実費)と謄本などの取得費用のみで済みます。しかしながら、考えてみてください。あなた様が建設業の許可申請に手こずっている間に、本来の日常業務に時間をさいていたらもっと売上げアップしていたはずです。建設業の許可申請は我々のようなプロの行政書士でも、申請書類は手間や時間がかかります。正直以下のような報酬では安すぎるのです。数年前は行政書士に20万~30万ほど支払うのが当たり前だったようです。ですが、業務研鑽と業務効率を追求してなんとか以下のような報酬まで引き下げることができているのです。

 

あなた様はご自身の業務に集中して、一切を私に丸投げしてただ、ただ、許可がおりるのを待つのも良いかと思います。

建設業許可申請サポト-プラン

このプランは、あくまでもご自身で添付書類などを用意し準備します。当事務所はそのサポートをしてアドバイスやどうしても時間の都合があわない、申請書類の提出や書類チェック、謄本など疎明資料の収集のみサポートさせ手いただくプランとなります。

建設業許可申請サポートプラン

証紙代金 90000円+ お見積もり

建設業許可申請の報酬

お客様の状況により、申請書に添付する書類が増減するため金額が変動する場合がございます。面談しヒアリング後にお見積もりさせていただきます。お見積もり後の費用の変動はございませんのでご安心くださいませ。

サービス名称 申請先 区分 証紙代金(実費) 報酬/税抜き 合計/税抜き
建設業許可新規申請 知事 一般 90,000円 139,700円 229,700円
    特定 90,000円 139,700円 229,700円
           
  大臣 一般 150,000円 197,000円 347,000円
    特定 150,000円 197,000円 347,000円
           
業種追加 知事 一般 50,000円 89,700円 139,700円
    特定 50,000円 89,700円 139,700円
           
  大臣 一般 50,000円 109,700円 159,700円
    特定 50,000円 109,700円 159,700円
           
許可更新 知事 一般 50,000円 89,700円 139,700円
    特定 50,000円 89,700円 139,700円
           
  大臣 一般 50,000円 119,700円 159,700円
    特定 50,000円 119,700円 159,700円
           
決算変更届       32400~ 32400~

役員商号

資本金

代表者変更

      21,600円 21,600円
           
経営事項審査申請 知事   法定費用 64,000円 64,000円+法定費用
  大臣   法定費用 64,000円 64,000円+法定費用